四季

投稿者: | 29/08/2017

暑い日が続いていましたが、もうしばらくするとこの暑さはなくなり、肌寒さを感じる季節がやってきます。

この、季節の変わり目というものは暑かったり寒かったりと1日の中での寒暖差が激しく、さらにその日の天候や、室内、屋外とで気温が大きく変化します。
そのため、涼しい格好をして出かければ寒く感じますし、暖かい格好をしていくと暑い、ということが多いです。

多くの日は日中が暑く夜が寒いので、最近は朝に身軽な格好で出かけ、夜や天候が変わった時に備えて上着を持ち歩くスタイルが気に入っています。

これなら寒く感じた時に上着を羽織、使わない時には鞄にしまっておくこともできます。少し荷物にはなってしまいますが寒さや暑さを我慢しなくて済むのは快適なものです。

これから寒くなっていくのかな、と思うと今の暑さに名残惜しさを感じたりもしますがそれよりもこれからの寒さに備えなくては、という気持ちがあります。

衣替えは夏服をしまうのと冬服を出すのを同時にしてしまうと、ちょっとこのタイミングは早かったかも、という場合や、逆にもっと早くしておけばよかったと思うこともあります。

なんなことにならないよう、私は冬服を出すのと夏服をしまうのは別のタイミングで行なっています。
まず、冬服を出してしまいその日の気候や天候によって着る服を選び、1ヶ月以上夏服を気なくなったらしまうのです。

ここ数年、寒くなったと思ったら突然暑くなることがあるので、余裕を持って1ヶ月にしています。

寒さや暑さは我慢しすぎると体調に影響が出てしまうので、できる限り無理をしないでいたいですね。